立憲民主党・中野区議会議員酒井たくや

中野区議会議員 酒井たくや

MESSAGE

すべての人に寄り添い
政治との架け橋になりたい。

瀬戸内海に浮かぶ島に生まれ、25歳の頃に、お笑い芸人を目指し上京。挫折しプロレスの営業マン。
そのあとはフリーターで将来に不安しかありませんでした。
政治からは縁遠く、良いイメージを持っておらず、むしろ嫌いでした。
そんな僕が様々な出会いを通じて、政治家秘書となりました。
政治は生活そのものであり、政治に無関心でいることは出来ても、無関係でいることは出来ない
そんな当たり前のことを、その時初めて知りました。
昔の僕のように、政治に不信感・嫌悪感を持ってる人もいます。
そんな人の政治との架け橋になりたい。
政治の力を必要としている人が、実は政治から一番縁遠いと言われております。
そんな人の力に少しでもなりたい。
政治をあきらめる前に、酒井たくやを使って下さい。

PROFILE

酒井たくや プロフィール

● 1974年1月17日兵庫県淡路島生まれ
政治家とは全く関係の無い家に生まれる。
● 大阪学院大学法学部卒業、
● 会社員、お笑い芸人活動
(2期目の選挙戦には中野駅北口にサンドウィッチマンが応援演説に)
アントニオ猪木営業軍団(プロレス興行のチケット販売)トップセールスマン、
政治家秘書を経て
● 2003年初当選 以降5期連続当選
● 中野区議会 立憲民主党・無所属議員団 幹事長
● 東中野4丁目町会青年部
● 東中野5丁目小滝町会 青年部
● 東中野本通り商店会 共栄会 青年部
●東中野鯉のぼり祭り実行委員会委員長
● 中野消防団第六分団部長
● 青少年育成昭和地区委員会 副委員長 体育部部長
● 白桜小学校10周年記念実行委員会委員
● 桃園第二小学校呼びかけ隊隊員

趣味 プロレス観戦 野球観戦 筋トレ
家族 妻 娘

酒井たくや
POLICY

もっと中野が良くなる
酒井たくやが目指す街

01子育て支援NO.1とONLY1の街

保育園と学童保育の待機児の解消と質の確保
使いやすい一時保育・病児保育・休日保育の拡充
教員の働き方改革 子どもと向き合う時間を増やす!
未来への投資 公教育の充実と教育環境の改善
学校給食の無償化
生まれた環境に左右されず、誰もが活躍できる社会 子どもの貧困の解消
障がいのあるある子どもたち、ひとり親家庭、多子世帯への手厚い支援
子どもたちを虐待から守る!児童相談所の整備と機能充実
大型屋内キッズ施設の誘致と子ども図書館の整備

02高齢者に安心の街

地域包括ケアの推進で医療・介護の不安を解消
手厚い介護者(ケアラー、ヤングケアラー、ダブルケアラー)支援で介護を孤立させません
高齢期を明るく展望できるセカンドライフ支援
子どもの社会性を育み、高齢者の生きがい創出 多世代地域交流サロンの整備
都市型警備老人ホームの整備
認知症サポーター研修や認知症カフェへの支援
外出が楽しくなる新しい公共交通網の整備

03災害に強い街

故郷 淡路島が阪神大震災により被災 第二の故郷 中野を災害から守る
避難所を我慢比べの場所にしない!避難所環境の改善
感染症に対応できる災害対策
増加する外国人への災害対応
強固なBCP(事業継続計画)の構築

04魅力あふれる街

ボール投げ禁止の「出来ない公園」から「出来る公園へ」
公園トイレと遊具をリニューアル 
インクルーシブ公園(障がいのある子も遊べる公園)、インクルーシブ遊具の整備 
ペットは家族!ペットとの共存社会の実現
緑あふれ犯罪が無い安全・安心の中野
民泊、空き家、老朽化マンションの適正管理
急速に増加する外国人への多文化共生事業の推進
全ての人のハードとハートのバリアの無い街
東中野駅東口バリアフリー化の早期実現